集中力・記憶力を効率的に鍛えます 1.文章を読むことが苦にならなくなります。シニアの方から各種試験受験生まで、さまざまな方が通っています 2.予約不要のフリータイム制です。夜10時まで、土日も開講しています。 3.能力の底上げを目指したい方に 司法試験93年~27年連続71名合格者輩出。SEG特別講習95年夏~8,497名受講。実績/成果は、スクール沿革・会社概要でご確認ください

コース案内

Full Time

フルタイムレッスン

週33コマ全ての開講時間に、
自由に参加できるコースです

Week Day

ウィークデイレッスン

月曜から金曜までの全ての開講時間に、
自由に参加できるコースです

Day Time

デイタイムレッスン

月曜から金曜までの
1~3限(13:30~18:30)の開講時間に、
自由に参加できるコースです

入会・コース案内はこちら

クリエイト速読スクール体験記

19歳で公認会計士試験合格「二度の入会と文演」

成瀬 仁人

私は高校3年の7月にクリエイトに再入会しました。

この時期、簿記の学習を行い簿記に関する自分の将来の役に立つ資格を取得したいと考えていた私は、大学の付属高校に通うため大学受験がないことが決め手となり、会計の専門職である公認会計士を志そうと決心していました。

そこで、一度目の入会から既に2年が経過しておりましたが、膨大な範囲の公認会計士試験を効率的に学習して合格するためには速読訓練により、頭を柔軟に働かせ、論理的な思考力を養う必要があると考え、再入会を決意しました。

公認会計士試験の受験科目は簿記や原価計算をはじめとする計算科目と監査論や企業法といった理論科目から構成されており、これらを効率的に学習する必要がありました。計算科目では仕訳や簿記一巡の流れを理解したうえで、問題文上で与えられる様々な資料を勘案して、問題で問われている解答を正確に計算し導く必要があり、高い情報処理能力と情報精査能力が求められます。

そのため、計算科目向上のためには、問題を何度も反復し自分の中で一定の情報処理や情報精査に関する論理を設けて行う必要があると考えられます。この論理力育成に関してはロジカルテストが役立ちました。一方、理論科目に関しては各専門科目に関して膨大な量のページ数のテキストが何冊もあり、それらを本試験までに理解し暗記するためには、何度も何度も読み続けなければなりません。具体的には何度も高速でテキストの内容を確認するため、ひたすら高速で読み続けるのです。そこで、速読レッスンの倍速読書訓練が活きました。

続きを読む

1984年創立、115名の
体験記&インタビュー